断食ダイエットで体をリセット!美肌効果もあるおすすめの方法まとめ

断食ダイエット 断食
断食ダイエット

体重を落としたいときに行えるのが食事制限と運動ですが、実際に痩せられるまで続けるには相当な意志力が必要です。できればすぐに効果が出る方法を試したいと思うのではないでしょうか。

今回は減量におすすめの断食ダイエットについて解説します。断食と聞くと苦行のようなイメージをもつ方もいるかもしれませんが、コツさえ押さえれば簡単にできます。理想の自分を手に入れるために、自分に合った断食法を試しましょう。

断食のメリット

断食はもともと信仰心を示すために行われていましたが、現在ではダイエットや健康改善のために行う方も増えています。ダイエットだけではない断食のメリット・効果をチェックしましょう。

体重が落ちる

断食のダイエット効果を期待する方は多くいます。食事を一定期間取らないことで、体重がみるみる落ちていくのを体験できるでしょう。

摂取カロリー量を抑えることで、体は蓄えた脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。お腹や二の腕などのぜい肉がそぎ落とされて、シャープなボディーに生まれ変わるでしょう。

断食をすることで、食事に対する見方も変わります。自分の食事の適正量が分かるので、必要以上に食べなくなるでしょう。胃が小さくなるという表現もありますが、断食で少食が普通の状態になると、ダイエットがより簡単に行えるようになります。

胃腸の調子がよくなる

食事を一定期間取らないことで、胃腸を休めることができます。普段朝昼晩+間食を食べることでフル活動になっている胃腸は、休みなく働いているので疲れ切っている状態です。断食をすると胃腸が休めるので、胃腸本来の働きが回復します。

消化吸収の効率がよくなるメリットは、多くの量を食べる必要がなくなることです。リバウンドには注意が必要ですが、少食になって食費を抑えることもできます。

肌がきれいになる

胃腸の調子がよくなると、肌の調子もよくなります。胃腸は消化吸収だけでなく体内の老廃物や毒素の排出も行っているので、胃腸が元気になるとデトックスが進むからです。

老廃物や毒素が胃腸で処理しきれないと、ニキビや吹き出物を作って肌で排出しようとします。肌荒れなどは胃腸の調子が悪いから起きるので、胃腸を整えると美肌になります。肌年齢を若返らせるために断食ダイエットは効果的です。

元気ハツラツになる

断食ダイエットをすることで体がスッキリして元気ハツラツになります。デトックス効果で体に害のある物質を排出するので体内の巡りがよくなり、活動しやすくなるでしょう。体重が落ちるので体が軽くなり、動くのを面倒くさく感じることが減ります。

断食ダイエットには脳を休める効果もあるので、思考もクリアになってポジティブな自分を手に入れられるでしょう。

断食の方法

断食ダイエットにはいくつかの方法があるので、自分の生活スタイルなどに合わせて最適なものをチョイスできます。断食の日をまとめて取れる方なら3日断食がいいでしょう。週末だけなど限られた時間が取れない方は1日断食です。毎日忙しく生活している方は、半日断食を試せるでしょう。

半日断食

1日の食事のうち、1食を抜くだけでできる断食ダイエットです。たとえば、朝食を1食抜くだけでよく、気軽に試せます。1日だけ半日断食を行っても断食の効果は得られますが、何日間か続けて行うのがおすすめです。1日2食の食事に慣れて、ずっと半日断食を続けることもできます。

半日断食でおすすめなのが、朝食を抜くスタイルです。朝食の時間帯は排出の時間といわれています。無理に食事を取らないことで体が排出に集中できるので、デトックスをより効果的に行えるでしょう。

ただし、仕事や家事で忙しくしていて朝食を抜けない方は、夜を抜く半日断食を試せます。まずは断食ダイエットに挑戦して、効果を実感してみてください。

1日断食

1日間食事を取らないのが1日断食です。土曜日や日曜日だけなど、都合のいい日を決めて断食ダイエットを行えます。週末がおすすめなのは、断食中は生産効率が落ちることがあるからです。

食事を取らないので体は休息モードに入ります。通常の仕事や家事が負担になることもあり、特に断食初心者の方は何も予定がない週末に断食ダイエットを行うのがいいでしょう。

週末だと職場の同僚や友人などと一緒に食事をしないで済むというメリットもあります。断食中に食事に誘われると、断食を続けるのが難しくなります。休みの日であればずっと家にいて断食に集中することも可能です。断食ダイエットを成功させるためには、食事の誘惑に打ち勝つ環境を整える必要があります。

3日断食

3日間食事を取らない断食ダイエットで、かなり本格的な断食スタイルになります。ダイエット効果は一番期待できますが、正しい方法で行わないと体調を大きく崩すこともあります。断食の経験がない方は、断食道場に入ったり、専門家の指導を受けたりながら行うのがいいでしょう。

3日間何も栄養を取らないのはキツイので、酵素ドリンクや野菜・フルーツジュースなどを飲みながら断食ダイエットを行えます。無理だと思ったら途中で中断する決断も必要です。1日や2日でも断食ダイエットの効果は十分あるので、できる範囲で行いましょう。

断食の注意点

断食ダイエットは食事を取らないだけでできるので、比較的気軽にチャレンジできます。しかし、注意点を守らないと体調を崩すこともあるので注意が必要です。一瞬だけ体重が落ちても理想の体型をキープできません。断食ダイエットで自分を変えるために、ダイエット期間中を賢く過ごしたほうがいいでしょう。

水分をしっかり取る

食事のなかには意外と多くの水分が含まれていて、断食をすると食事からの水分を摂取できなくなります。のどの渇きを感じる前に意識的に水分を補給しましょう。摂取すべき水分量は断食ダイエットの方法で変わりますが、1日2リットルの水分補給を目安にできます。

必要なら塩分も取る

水分に加えて断食期間中に不足しがちなのが塩分です。体がフラフラするなど症状が出ることがあるので、必要に応じて塩分を取りましょう。塩分を取る際は精製塩を避け、岩塩などの天然塩を取るのがおすすめです。

梅干しなどで塩分補給をするのもいいでしょう。梅干しは固形物になりますが、梅干しは食べてもいいことにするルールを作れます。選択する断食スタイルに合わせて塩分補給の方法も考えておきましょう。

無理な運動や仕事は避ける

断食ダイエット中は体に力が入らなくなることもあるので、無理な運動や仕事は避けるのがおすすめです。めまいや立ちくらみでケガをする恐れもあり、穏やかに生活するように意識できます。

どうしても仕事をしなければいけない場合、お腹が空いたら野菜ジュースや酵素ドリンクを飲めるようにしておけるでしょう。無理なく続けて効果を出すのが断食ダイエットを成功させるコツです。

準備食と回復食を意識する

断食ダイエットは断食前後の食事も重要です。断食前にガッツリ食べてしまうと、急な空腹に体が耐えられなくなってしまいます。断食前は準備食として食事の量を減らしヘルシーなものを食べるようにしましょう。

断食後の食事はより重要です。一定期間何も食べていない状態のときに一気に食事を取ると、胃腸を傷つけてしまいます。腹痛で救急車を呼ぶケースもあるので、断食後は慎重に食事を取るようにしましょう。食事の量を最低限に抑え、消化のいいものを食べるようにします。

断食ダイエットで理想のボディーを手に入れよう!

断食はダイエットにおすすめの方法です。食事の量を減らせるので、断食後も減量に向けた生活を続けられます。デトックス効果や美肌効果もあるので、理想の自分に近づけるでしょう。

ただし、無理に断食をしようとはせず、ストレスがかからない方法を試せます。酵素ドリンクや野菜・フルーツジュースなどを使って、楽しく断食ダイエットを行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました