断食におすすめの飲み物とは?飲み方や避けたい飲み物もチェック!

断食におすすめの飲み物 断食
断食におすすめの飲み物

ダイエットや体質改善に向いている断食ですが、断食期間中にどのような飲み物を取ればいいのか疑問に感じる方もいるでしょう。水だけで断食する方もいれば、酵素ドリンクなどを使う方もいます。

それぞれのメリットがあるので、自分に合った方法を試せますが、断食の経験があまりないと自分に合う方法が分からないでしょう。

この記事では断食におすすめの飲み物について解説します。それぞれのメリットを理解して最適な方法を試してください。気を付けたい飲み方や避けたい飲み物についてもご紹介します。

断食におすすめの飲み物

断食は食事を取らないだけでできるシンプルなものですが、断食期間中の飲み物の選択肢は豊富にあります。酵素ドリンクや野菜・フルーツジュース、みそ汁など、断食の専門家が推奨する飲み物はさまざまです。それぞれの飲み物の特徴やメリットをご紹介します。

酵素ドリンク

野菜や果物などを発酵させて作ったのが酵素ドリンクで、適度な栄養を取れます。糖分やミネラルの補給にもなるので、断食による好転反応や体調不良を軽減できます。

酵素ドリンクは現在原料や値段が異なるさまざまな商品が販売されています。味も違うため、自分にとって飲みやすい酵素ドリンクを選ぶのがおすすめです。

野菜・フルーツジュース(スムージー)

市販の野菜・フルーツジュースを買ってもいいですが、自分で好きな野菜やフルーツをジューサーにかけてスムージーを作るのもいいでしょう。飲みごたえがあるので空腹を紛らわすことができ、断食中もできるだけアクティブに活動したい方に向いています。

ニンジンジュースなどの特定の野菜を使うようすすめている断食の専門家もいます。緑黄色野菜やリンゴなど、好きな素材を使ってスムージーを作ってみてください。

青汁

野菜ジュースに似ていますが、断食中でも健康的に栄養を取れるのが青汁です。飲むのは市販の青汁で構いません。ビタミンやベータ カロテン、カルシウムなどの栄養を取れます。

ただし、青汁だけだと空腹を紛らわせません。空腹が心配な方は酵素ドリンクや野菜ジュースなども飲むといいでしょう。

みそ汁・スープ

栄養分と塩分を同時に取れるのがみそ汁やスープです。お腹に溜まるのである程度空腹を回避できます。

みそ汁やスープを作るときは具材を入れないのがおすすめです。だしだけでみそ汁やスープを作り食事の代わりとして飲めます。

豆乳

豆乳にはイソフラボンやアミノ酸、ミネラルなどが豊富に含まれています。たんぱく質も含んでいるため、断食で筋肉を落としたくない方も豆乳を選べます。市販の豆乳製品には砂糖を含んでいるものがあるため、できるだけ無糖のものを選びましょう。

ハーブティー

酵素ドリンクや野菜ジュースのように空腹を紛らわせるために飲むのには適していませんが、水だけでは飽きてしまう方はハーブティーを飲めます。リラックス効果があるので、断食のストレスを軽減し健やかな気持ちで過ごせるようになるでしょう。

ハーブティーには種類が豊富にありますが、カフェインフリーのハーブティーがおすすめです。

抗酸化作用の強いルイボスティーなどのハーブティーを飲めば、断食の美肌効果もアップします。ハイビスカスやローズヒップティーなど、ビタミンCが豊富なハーブティーなら、リフレッシュと美容効果の両方を期待できます。

味気ないと感じるかもしれませんが、誰でも簡単に用意できるのが水です。人間の体の半分以上は水でできているので、断食の際の飲み物としても水はおすすめです。体の代謝を促しデトックスを促進します。

水道水でも問題ありませんが、できればミネラルウォーターを飲むといいでしょう。水だけでは不安という方は岩塩などの天然塩を摂取できます。ミネラル分が豊富で断食による頭痛などの体調不良を軽減してくれます。

飲み方や断食の注意点も気を付けよう

自分に適した断食の飲み物が分かれば、あとは実践あるのみです。しかし、断食の際の注意点を覚えておかないと、適切な飲み物を選んでも問題が起こることがあります。起きやすいのは、ひどい好転反応や体調不良、断食の効果の半減です。断食の際の飲み物の取り方や注意点を解説します。

飲み方のルールを守る

断食道場や専門家の指導を受けながら断食をする場合、酵素ドリンクや野菜ジュースなどの摂取方法をしっかり確認しましょう。お腹が空いたらいつでも飲んでいいのか、それとも朝昼晩で時間を決めて飲むべきなのかなど、断食道場や専門家によって断食のスタイルが違います。

がぶ飲みしない

断食道場や専門家の指導があるならその指導に従えばいいですが、自分で断食を行う場合は断食の飲み物をがぶ飲みしないようにしましょう。

ゆっくり飲むことで消化吸収を穏やかにし、少量でも飲み物からしっかり栄養を取れるようになります。ゆっくり飲めば飲み物の摂取量を抑えられるので、カロリーを不要に取ることも避けられるでしょう。

水分補給を忘れない

酵素ドリンクや野菜ジュース、豆乳など水やお茶以外の飲み物を飲む場合は特にそうですが、断食中は水分補給を意識的に行う必要があります。私たちは普段食事の際に多くの水分を取っています。食事そのものと食事前後で取る飲み物によってです。

断食は食事を取らないので、食事の際に取れない水分をしっかり補給する必要があります。脱水症状だと頭痛などの体調不良が起きやすくなり、デトックス効果を促進するためにも水分は必須です。

頭痛や吐き気が起きたときの対処法を覚えておこう

断食の際には頭痛や吐き気などの体調不良が起こることがあります。好転反応と呼ぶこともありますが、あまりにも辛い症状だと断食を続けるのが難しくなるでしょう。頭痛や吐き気が起きたときの対処法を解説します。

塩分・ミネラルを取る

頭痛や吐き気の原因のひとつが塩分やミネラルの不足です。塩分やミネラルが不足すると脱水症状が起こり、体調不良が起こりやすくなります。酵素ドリンクや野菜ジュースなどからしっかりミネラルを補給したり、岩塩や梅干しなどから塩分とミネラルの両方を摂取したりしましょう。

糖分を取る

普段甘いものを好んで食べている方は断食で低血糖状態になり、体調不良を経験することがあります。糖分を取る方法としておすすめなのが、酵素ドリンクや野菜ジュースです。アメをなめるのも簡単にできる低血糖対策で、人工甘味料を使っていないアメをなめることができます。

カフェインを取る

カフェインの離脱症状で頭痛が起きることもあるので、どうしてもつらい頭痛に悩まされる場合はカフェインを取るのもいいでしょう。

ただし、コーヒーはカフェインが強いので、緑茶やウーロン茶などの低カフェインの飲み物を試せます。低カフェインでも飲み過ぎるとカフェインの量が多くなるので、少量飲んで様子を見てみましょう。

断食中に飲むべきではない飲み物

断食におすすめの飲み物以外に、断食中に飲むべきではない飲み物もあります。せっかく断食してダイエットや体質改善を目指すなら、効果を半減させるような飲み物は控えたいと思うでしょう。断食中に避けたい飲み物を3つご紹介します。

カフェイン

ひどい頭痛に悩まされて耐えられないときはカフェインを取れますが、断食中は基本的にカフェインを控えたほうがいいでしょう。カフェインを避けるべきなのは、利尿作用によって脱水症状を起こすことがあるためです。また、カフェインの興奮作用が断食で敏感になっている体に働き、体調を崩すこともあります。

お酒

断食中にお酒を飲もうとする方は基本的にいないかとは思いますが、断食中のお酒は厳禁です。お酒は肝臓に負担をかけ、栄養価も高い飲み物です。断食によるデトックス効果やダイエット効果を半減させます。

なにより断食は食事を取らない状態なので、胃腸に何もない状態でお酒を飲むとアルコールの吸収が高まり酔いやすくなります。体調を崩す原因にもなるため、断食中にお酒は飲まないようにしましょう。

栄養ドリンク・エナジードリンク

効果的に栄養を補給できるのが栄養ドリンクやエナジードリンクですが、断食中の飲み物には向いていません。栄養ドリンクやエナジードリンクにはカフェインが含まれています。ほかにも人工甘味料や化学物質が多く含まれていることもあるので、断食によるデトックス効果を半減させます。

断食の種類ごとのおすすめ飲み物

断食におすすめの飲み物はいくつかありますが、断食の種類によっておすすめの飲み物は変わります。たとえば、断食を短い期間だけする場合、水だけ取れば十分でしょう。2日以上断食する場合、水だけでは栄養面で心配になります。断食の種類とおすすめの飲み物をそれぞれ解説します。

半日断食

1日のうち1食を抜く断食スタイルです。朝食を抜くのがおすすめですが、自分の生活スタイルに合わせて食事を抜くタイミングを選べます。朝食を抜いたほうがいいのは、朝の時間は体の排出力が高まるからです。食事を何も取らないことで胃腸がさらに排出に専念でき、デトックス効果がアップします。

半日断食であれば飲み物について過度に心配する必要はないでしょう。空腹が心配な方は酵素ドリンクや野菜ジュースなどを飲めますし、とにかく摂取エネルギーを抑えたい方は水を飲めます。おすすめするわけではありませんが、普段と変わらない生活を送るためにコーヒーやお茶などを取っても大丈夫です。

半日断食は1回やるだけではあまり高い効果は期待できません。少なくとも2日間~3日間、できれば1週間程度の半日断食に挑戦できます。

1日断食

丸1日何も固形物を取らない断食です。大変そうに見えるかもしれませんが、意外とあっという間に終わります。1日断食をする場合、準備食と回復食に注意する必要があります。

準備食とは断食をする前日の食事です。少なくとも夜ごはんは少量にし、健康的な食材の料理を食べるようにしましょう。できれば昼ごはんも少なめで消化にいいものを選びます。

回復食は断食の次の日に食べる食事です。断食中はまったく食事を取らないので胃腸が休んでいる状態です。急に消化に悪いものを食べたりドカ食いしたりすると、胃腸に負担がかかります。おかゆや重湯、スッキリ大根などの回復食がおすすめです。

1日断食の飲み物も基本的に何でも大丈夫です。断食経験があまりない方は、酵素ドリンクや野菜ジュースなどを飲めます。水や塩だけでの断食も意外とすんなり行えるので、空腹に耐えられないときだけほかの飲み物を飲むのもいいでしょう。

3日以上の断食

3日以上の断食を行うとなると、断食道場を利用したり専門家の指導を受けたりしながら行うのがおすすめです。間違った方法で長期の断食を行うと、かえって体調を崩すこともあります。回復食を選び間違えると、体重がもとに戻ったり、かえって太ったりすることもあります。

3日以上の断食の場合、準備食と回復食の期間は2日間~3日間は取るようにしましょう。準備食をきちんと取らないと体が断食に対応できません。回復食を適当に食べてしまうと、胃腸を痛めてひどい腹痛を経験することもあります。

ダイエット目的なら回復食を食べ過ぎないことも重要です。断食後は消化吸収力が上がっている状態なので、いつも以上に太りやすくなります。

3日以上の断食の飲み物は断食道場や専門家の指定するものを選ぶといいでしょう。水だけで行うストイックな断食もありますが、酵素ドリンクや野菜ジュースなどを飲むようすすめる方法が一般的です。

断食を成功させるには飲み物も重要

断食といえば酵素ドリンクと考える方もいるほど酵素ドリンクは便利なものです。必要な栄養を取れて空腹に対処できるので、断食を成功させやすくなります。ほかにも野菜ジュースや豆乳、みそ汁、青汁など、飲み物のメリットを意識して自分に合う飲み物を選べます。

半日断食や1日断食であればあまり飲み物にこだわる必要はありませんが、2日間以上の断食を行う場合はしっかり飲み物を選びましょう。断食が初めての方は酵素ドリンクを使うと、断食中も普段と同じように過ごしやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました