断食で頭痛が起きる原因や対処法は?頭痛が起きないようにする方法まとめ

断食で頭痛が起きる原因・対処法 断食
断食で頭痛が起きる原因・対処法

ダイエットやデトックスにおすすめの断食ですが、頭痛や吐き気などに悩まされることがあります。この記事を見ている方もまさに今頭痛に悩まされているかもしれません。減量や健康増進のために断食をしているとはいえ、ひどい頭痛に苦しみたいとは思いませんよね。

今回は頭痛が起きる原因や頭痛が起きたときの対処法を解説します。頭痛が起きないようにする方法も理解して、健やかな断食期間を過ごしましょう。

断食による好転反応を理解しよう

断食に興味がある方なら、好転反応について聞いたことがあるかもしれません。体が溜めこんだ毒素や老廃物を出すときに、頭痛や吐き気などの苦しい症状が現れることです。好転反応が収まると毒素や老廃物が排出されるので、頭痛や吐き気が嘘だったかのようにスッキリします。

体内に溜めこんだ毒素や老廃物が多い方ほど好転反応に苦しむことがあり、断食を続けられないと感じることすらあるでしょう。(本当に症状がひどい場合は、断食を中断するのも賢い選択です)

断食時の頭痛の原因

断食をする際の頭痛について、好転反応だという方とそうではないという方で意見が分かれることがあります。いずれにしても断食時の頭痛には原因があるので、頭痛に悩まされるときには思い当たる原因がないかを確認できるでしょう。一般的な頭痛の原因を解説します。

断食前や断食中の睡眠不足

断食は意図的に食事を取らない行為ですが、体には大きな負担がかかります。食事を取ることも胃腸にある程度の負担をかける行為ですが、急に食事を取らなくなると胃腸を含め体がパニック状態になります。

もし断食前日にしっかり睡眠を取っていないと、断食中のパニック状態に対応できません。睡眠不足が自律神経の乱れを招き、食事のリズムが崩れることでさらに自律神経が乱れるからです。断食前や断食中はしっかり休んで無理をしないようにしましょう。

低血糖状態

食事を取らないことで血液内の血糖値が下がり、頭痛が起きます。特にこの低血糖状態の頭痛を経験する傾向があるのは、普段から甘いものをよく食べている方です。

間食で甘いものを食べることが多いと、血糖値が常に高い状態になります。断食で急に食事も間食もしないようになると、一気に血糖値が下がるので体がビックリします。

カフェインの摂り過ぎ

普段コーヒーなどでカフェインをよく取っている方の場合、断食をすると頭痛に苦しむことが多いです。断食の日はコーヒーを飲むことが基本ないので、カフェインの離脱症状が起きます。コーヒーを毎日何杯も飲んでいる方は特にひどい頭痛に苦しむことになるでしょう。

ミネラル不足

食事から普段取っているミネラルを摂取できなくなることで頭痛が起こります。また、ミネラルは尿と一緒に排出されるため、断食期間が長いほど余計にミネラル不足が起こりやすくなります。ミネラルが不足すると起こるのが脱水症状です。体内の水分が不足すると頭痛を起こしやすくなります。

水分不足

ミネラル不足だけでなく、断食中は純粋に水分が不足することがあります。水分が不足して脱水症状になると起きやすいのが頭痛です。

食事には意外と多くの水分が含まれています。食事をするとのどが渇くため、食事中や食後に飲みものを飲むことによっても私たちは水分補給をしています。食事を取らなくなると食事や食事中・前後の飲みものから水分を取らなくなるので、断食中は意識的な水分補給が必要です。

断食の際に頭痛が起きないようにする方法

人によって程度は違いますが、断食中にひどい頭痛を経験する方もいます。普段片頭痛を経験したことがない方が、生活に支障が出るほどの頭痛を経験すると、どうしてよいか分からなくなるでしょう。ひどい頭痛に悩まされないように、事前に対策できる方法をご紹介します。

準備食を意識する

断食をする前の準備食を徹底して健康的なものにしましょう。断食前の準備食でおすすめなのが「まごはやさしい」です。豆類やごま(やナッツ類)、わかめなどの海藻類、野菜、魚、シイタケなどのキノコ類、芋類を意識して準備食に取り入れます。

健康的な食材でも食べ過ぎると意味がないので、断食の日が近づくにつれて量を減らすのがおすすめです。

甘いものを控える

断食前に甘いものをよく食べていると、断食でひどい頭痛に悩まされやすくなります。普段から甘いものを控える生活を送ることで、断食中の頭痛を回避できます。チョコレートやアイスクリーム、グミ、ケーキなどの甘いものはできるだけ避けましょう。特に断食の1週間前は甘いものを取らないようにできます。

カフェインを控える

カフェインも頭痛の原因なので、断食前から避けるようにします。甘いものと一緒で断食の1週間前がカフェインを控えたほうがいい期間です。コーヒーはカフェインが強いのでぜひ避けましょう。緑茶や紅茶、ウーロン茶などを毎日飲んでいる方も、断食前は控えたほうが頭痛対策になります。

水分をしっかり取る

断食中に意識できるポイントです。食事を取らないので普段以上に水分を取る必要があります。水分を取ることでデトックスを進める効果もあるので、積極的に水分を取るといいでしょう。目安とできるのは1日2リットル程度の水分です。水道水でもいいですが、ミネラルウオーターなどの水のほうが安心できます。

酵素ドリンクで断食をする

断食をすると頭痛が起きるという方は、酵素ドリンク断食がおすすめです。酵素ドリンクには糖分やミネラルが適度に含まれているので、低血糖やミネラル不足による頭痛を回避できます。断食期間中の空腹も軽減できるので、断食を成功させやすくなるでしょう。

頭痛が起きたときの対処法

断食前の準備食をしっかり守っていたのに断食で頭痛が起こることがあります。なかには断食前の期間も普段と変わらない生活を送っていて、断食中の頭痛を経験する方もいるでしょう。いずれにしても断食中に頭痛が起きたときの対処法を試せます。思い当たる頭痛の原因に合わせて対処法を試してみてください。

酵素ドリンクを飲む

ミネラルや糖分が不足して頭痛が起きている方におすすめの対処法です。酵素ドリンクをとおしてミネラルや糖分を補給できます。すでに酵素ドリンク断食を試している場合、追加で酵素ドリンクを飲むか、ほかの方法を試せます。

塩分を取る

体内から塩分が抜けると脱水症状が起こりやすく頭痛の原因になります。食卓塩などの精製塩は避け、よりヘルシーな方法で塩分を取りましょう。

梅干し

梅干しはミネラルも補給できるので断食の際の強い味方です。しっかり潰すかよく噛んで食べましょう。できれば添加物などの化学物質を使っていない梅干しを使うのがおすすめです。

みそ汁

断食の方法によっては水だけや酵素ドリンクだけと決めている場合もありますが、頭痛が起きたときはみそ汁を飲んでもいいというルールにすることもできるでしょう。具なしみそ汁を飲めば、塩分やミネラルをしっかり補給できます。

岩塩・天然塩

食卓塩などの精製塩にはミネラルがほとんど含まれていませんが、岩塩や天然塩にはミネラルもしっかり含まれています。岩塩をそのままなめるだけでよく、簡単に塩分やミネラルを補給できます。

カフェインを取る

頭痛がひどくて我慢できないときの方法です。もともとカフェインを頻繁に取っていた方は、カフェインを取って頭痛の離脱症状を軽減できます。ただし、コーヒーはカフェインが強すぎるので、ほかの飲みものを選びましょう。

おすすめなのがしょうが紅茶です。紅茶だけでもいいですが、しょうがをプラスして体を温めながらカフェイン補給できます。緑茶やウーロン茶なども適度なカフェイン補給に向いています。

ただし、頭痛の対処法だとしてもカフェインを取り過ぎてはいけません。1口や2口飲んでみながら必要最低限の量に抑えるようにしましょう。

休みながら様子を見る

頭痛がそれほどひどくなければ、休みながら様子を見るのがおすすめです。カフェインの離脱症状や低血糖状態が収まれば自然と頭痛が消えることがあります。横になるなどして耐えられる状態であれば、あえて何もしないというのも選択肢のひとつです。

しょうが湯を飲む

しょうが湯には適度な糖分が含まれているので、低血糖による頭痛に効果的です。体を温めながら頭痛対策ができます。立ちくらみなどでフラフラするときにも低血糖の恐れがあるので、しょうが湯を試せるでしょう。

アメをなめる

低血糖対策で簡単にできるのがアメをなめる方法です。糖分を簡単に補給できるので、断食の際にストックしておけます。ただし、アメの成分には注意が必要で、人工甘味料のアメは避けましょう。白砂糖を使っているものよりはブドウ糖を使っているアメのほうがおすすめです。

断食で頭痛が起きないようにしっかり対策しよう

断食時の頭痛の原因はカフェインの離脱症状や低血糖、脱水症状などです。普段の飲食の習慣や生活スタイルが関係しているので、断食前の1週間は意識して断食モードに切り替えられます。

万が一頭痛が起きてしまった場合には、酵素ドリンクを飲んだり塩分を補給したりできます。しょうが湯やアメで低血糖を軽減する方法も効果的です。断食はダイエットや健康増進に効果的なので、断食期間中も健やかに過ごせるように工夫しましょう!

タイトルとURLをコピーしました