釜山博物館のアクセス情報&展示物のおすすめ10選(写真付き)

韓国

釜山博物館は歴史好きにおすすめ!

韓国釜山にある釜山博物館に行ってきました。

歴史物に思いをはせるのが好きなので、とても楽しめました。

釜山博物館の基本情報やアクセス方法、気に入った展示物を紹介します。

釜山博物館の基本情報

  • 観覧時間:9:00〜18:00
  • 休館日:1月1日、毎週月曜日
  • 観覧料:無料
  • 展示解説:1日3回(10:00、11:00、14:00)
  • 住所:釜山広域市南区国連平和路63
  • 電話番号:+82 51 610 7111

釜山博物館へのアクセス

  • バス:134、68、51、139、1001、1003番利用、釜山博物館バス停から徒歩5分ほど
  • 地下鉄:大渕駅下車、3番出口から徒歩10分ほど

バスで行くのはレベルが高いので、地下鉄を利用したほうがいいでしょう。

大渕駅の出口から南にまっすぐ歩いて行くと、十字路の角に博物館があります。

大きな建物なのですぐに見つけられるでしょう。


入館料は無料なので、門を通ってそのままなかへ進みます。

建物のなかに入るとカウンターがあり、チケットをもらいます。


そのまま進んで「東菜舘」という建物に入ります。

2階が「先史室」という展示室です。


「東菜館」の奥にあるのが「釜山館」。

1階に「特別展示室」と「寄贈展示室」、2階に「朝鮮室」や「美術室」があります。


続く部分でそれぞれのおすすめポイントを写真付きで紹介します。

東菜館

ひとつめの建物が東菜館です。

先史室

東菜館の2階にあります。

レプリカですが、かまどがあります。

古代も発達した形で火を使ってたんですね。

土器がいくつも並んでいます。

小さい土器はよく展示されていますが、大きい土器が並んでいると見ごたえがあります。

釜山館

東菜館の奥にあるのが釜山館です。

特別展示室

期間限定ですが、特別展示室をやっていました。

海底から発掘した品々です。

きれいな器が並んでいます。

色も鮮やかで思わず写真を撮りました。

石を使った将棋です。

駒の種類をどうやって見分けていたんでしょうか……。

寄贈展示室

どれも立派な品が展示されています。

17〜18世紀ごろの龍が描かれた器です。

朝鮮室~現代室

通信使が通る様子を描いています。

日本の参勤交代を思い浮かべました。

馬乗りの技術が描かれています。

偉い人の前でお披露目したんでしょうか。

散髪用の道具です。

時代を感じるセットです。

中国軍人が使っていたカップ。

「アメリカに対抗して、朝鮮を応援し、国を守る」という意味だと思います。

壁に描かれた絵と光る映像を組み合わせています。

キラキラと移り変わる映像がきれいでした。

美術室

朝鮮室から進んでいくとある、最後の部屋です。

ゾウです。

花瓶か何かだと思われます。


以上、一部ですが展示物を紹介しました。

韓国旅行はコンセントの変換プラグを忘れずに

意外と忘れてしまうのが、コンセントの変換プラグ。

韓国のコンセントは差込口が丸いので、日本の電源コードは入りません。

スマホやタブレット、カメラやPCなどが充電できないとたいへんです。


韓国のコンセントに対応しているCタイプの変換プラグを用意しておけば安心です。

タイトルとURLをコピーしました