【水虫にも効果あり】アトピーにティーツリーオイルを1週間試した結果

健康・体質改善

ステロイドや内服薬を使わないでアトピーを治せないかと模索していました。そんな時に偶然出会ったのがティーツリーオイルです。

抗菌・抗ウイルス・抗真菌の三拍子そろった殺菌力に優れるオイルで、水虫の原因である白癬菌にも効果があると言われています。

今回はアトピー改善のためにティーツリーオイルを試してみました。まだ1週間ですが、うれしい効果があるので報告します。

ティーツリーオイルとは?

ティートゥリーとも発音されることがあるティーツリーオイルは、もともとオーストラリアの先住民(アボリジニ)が愛用していたハーブです。お茶代わりに飲まれていたのでティー(tea)ツリーと呼ばれています。

殺菌消毒力に優れているのがティーツリーオイルの特徴で、細菌やウイルスだけでなく、真菌対策としても効果的です。風邪やインフルエンザの時期に感染の予防策として活用できます。

石けんやシャンプーなどの商品も豊富

私が購入して利用しているのはティーツリーオイル(精油)ですが、ティーツリーの成分を利用した石けんやシャンプーなどもあります。皮膚に付着した雑菌などをティーツリーの高い殺菌力で取り除きたい方におすすめです。

ほかにも、ティーツリー成分入りの洗剤があり、できるだけ化学物質を掃除に使いたくない方が利用できます。

ティーツリーオイルのアトピー改善用使い方

私は100%天然のティーツリーオイルを購入しました。しかも、ケチケチ使いたくなかったので、購入したのは30mlボトルで価格の安いお得な商品です(十分ケチ?)。

ティーツリーオイルを綿棒で直接アトピーやニキビに塗るという方法もあるようですが、刺激が強すぎる可能性があるのでおすすめしません。

おすすめなのはティーツリーオイルをキャリアオイルに混ぜて使う方法です。私はアーユルベーダのマッサージ用にいつも使っている白ごま油を使いました。

※白ごま油は厳密にはキャリアオイルではありません。ティーツリーオイルなどのアロマオイルを肌に塗る場合、キャリアオイルを選ぶほうが安心です。

ティーツリーオイルの分量に注意

ティーツリーオイルやその他のアロマオイルは、基本的に直接肌に塗るのはよくありません。肌への刺激が強いため、逆に肌を傷めてしまう可能性があります。

ティーツリーオイルをキャリアオイルに混ぜるときも、購入時に付いてくる説明書を参考にするのがいいでしょう。

私が購入したティーツリーオイルの場合、ティーツリーオイルの割合は1%以下。1滴0.05mlということなので、1杯5mlのティースプーンに対して1滴が限度です。

顔にティーツリーオイルを塗りたい場合、0.05%以下にする必要があると説明書に書かれているので、さらにティーツリーオイルの割合を減らす必要があります。

ティーツリーオイルを患部に塗る頻度

ティーツリーオイルは薬ではないので、厳密には使用頻度はありません。水虫などの対策としてティーツリーオイルを使用したケースでは、1日2回ティーツリーオイルを患部に塗ったら、2か月~3か月後にはかなり改善した例も見つけられました。

アトピーと水虫は違うので一概には言えませんが、アトピーも朝と夜の1日2回ティーツリーオイルを塗ればいいでしょう。

実際に私も1日2回ティーツリーオイルを塗りました。週末などは家にいるので、さらに頻度を上げました。

ティーツリーオイルを試した効果

現在ティーツリーオイルを始めて1週間が経っていますが、アトピーは完治していません。1週間でアトピーが治ったら逆に驚きですよね。

しかし、ティーツリーオイルを使い始めてからアトピーのかゆみに変化が生じました。

以前は発作のようにアトピーのかゆみに襲われ、かいてかいてかきまくるということがありました。かくのを止めたいのに止められない。アトピー部分をかくと何か脳内物質が発生してとてつもない快感を覚えることもありました。

ティーツリーオイルを使うようになってからは、かゆくてかいてしまうことはまだあるのですが、かゆみの激しさが全然違います。

以前は我を忘れてかきむしっていたのが、今では「かゆいな~」程度になりました。今でもかゆくてかき壊してしまうことがあります。かき壊した結果できるのはジュクジュクした皮膚です。

しかし、全体的にかき壊す頻度や強度が押さえられているので、少しずつ正常な皮膚に戻っている部分が増えている気がします。

1週間で少しずつでもアトピーが改善しているのを実感できているのは大きな喜びです。

水虫を治療していた方が2か月~3か月かけてティーツリーオイルを使われたように、私も時間をかけてでもアトピーを治したいと思います。

※私はティーツリーオイルの使用以外に、1日1.5食や少食、温活などもアトピー改善のために実践しています。

ティーツリーオイルを使う際の注意点

ティーツリーオイルは天然由来の成分なので、化学物質が嫌な方でも安心して使えます。しかし、ティーツリーオイルも正しい使い方をしないと逆効果になってしまいます。

ティーツリーオイルの割合

すでにご紹介しましたが、ティーツリーオイルの精油は肌への刺激が強いです。キャリアオイルでしっかり薄めて使うようにしましょう。特に始めて使う場合はティーツリーオイルの割合・濃度を低めにして、肌トラブルが出ないかチェックするのがおすすめです。

使用前のパッチテストもおすすめ

ティーツリーオイルは基本的に副作用がありませんが、人によってはティーツリーオイルがアレルギー源になることがあるようです。

ティーツリーオイルをしっかり薄めて使用しても、アレルギー反応が出てしまっては使用を継続できません。

ティーツリーオイルを使う前にパッチテストを行い、自分の体質に合っているかを確認するのがいいでしょう。

ティーツリーオイルでアトピーや水虫の改善を目指そう!

ティーツリーオイルは薬ではないので、使っていれば必ずアトピーや水虫を治せるとは言えません(薬でも治らない場合もありますが……)。

しかし、天然由来のティーツリーオイルは基本的に副作用がないため、試してみる価値があります。抗菌・抗ウイルス・抗真菌の効果があるので、風邪やインフルエンザの予防として常備しておくのもおすすめです。

アトピーでひどいかゆみに襲われている方や皮膚をかき壊してジュクジュク肌になってしまっている方、少しでもアトピー改善のために努力したい方に、ティーツリーオイルはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました